石田正史が伝授 チューニングのつぼ





 

 今回は2005年に使用したCT9Aランサーの車両製作とセッティングの話をします。

 まず、前回使用した車両の不満点と問題点を洗い出し、解決方法を検討し結論を出します。
これを元に車両の選択、製作のポイントを決め製作に入ります。
前回使用したCT9Aは重量が1500Kgもあり問題が多かったので、軽く剛性が高くをテーマにボディ製作にあたりました。
ボディの製作と同時進行でエンジン製作、ドグミッションやLSDの組み込みを行います。
エンジンはアクセルにリニアに反応し低回転からビッグトルク、パワーを発生するエンジンをテーマに製作。
ボディ製作が完了するとエンジン、ミッション、デフ、サスペンションの取り付けを行い、シャーシーダイナモでエンジン、ミッション、デフのチェック、馴らし、データ収集を行います。パワー、トルク等のデータを見てエンジン本体やその他の部品を替えるか検討します。
替えることになるとこの作業を繰り返し行います。
今回はタービンとエキゾーストマニホールドをテストしました。マニホールドは4種類。
38φ、タービンフランジ入口のパイプ形状が少し異なる42φ、各1、それに45φとテストしました。トップパワー・トルクをマークしたのは一番太い45φでした。予想に反して低回転のトルク・パワーとも42φや38φより良いデータとなりました。
カムは2004年に使用したCT9Aのテストで260°〜264°のカムを使用しバルタイでトルク・パワーを低回転より立ち上げるのがベストだったのでIN、EX共に264°としました。タービンはエボ7チタンがベストでした。
ハード部品が決まるとバルタイ、ECUのセッティングを行い理想のパワー・トルクデータが出たら実走セッティングを行います。本番と同じすべての物を取り付けてテストに入ります。本番モードのテストになると机上やシャーシーダイナモ上では出なかった問題が浮上してきます。
今回浮上したのがフロントLSDのロックポイントに違和感があるのとロックが急に発生するのでコントロールが難しいというトラブル。すぐにフロントデフを下ろしイニシャルトルクを変更して解決しました。
スピードを上げて走れるようになるとショックアブソーバー、スプリング、アライメント、車高のセッティングを行いスピードを上げていきます。
すると今度はフロントの入りがやや遅れレスポンスが悪くやや剛性が低く感じたのです。
この車両のストラット周り剛性UPは、ロールバーをバルクヘッド貫通タイプにして補強しているのとスーパーすじがねくんの取り付けにより完璧なはずなのに!!
今回行ったのはいまさらボディ補強は出来ないのでスーパーすじがねくんの剛性UPでした。
これでフロントの剛性不足は解決(このスーパーすじがねくんの剛性UPモデルはニュータイプとして発売になっています)。
セッティングが進みスピードが上がってくると今まで見えなかったものが見えてきます。
今度はコーナーリング中のアクセルレスポンスの悪さが浮上してきました。

 
 
 
 42φのエキゾーストマニホールド(好評発売中のEvo-MANI)に変えてECUを再セッティングして解決しました。 机上やダイナモデータ上では見えないことが実走テストや競技出場すると見えることがあります。私達の強さはこのデータを元にダイナモデータ上のポイントを検証しダイナモデータや机上で見えるようにしてきたことです。私達もお客様も遠回りや無駄な出費をしないために。
これでほぼイメージ通りの車両になりました。
最後にショックアブソーバー、スプリング、スタビライザー、車高、コーナーウェイト、アライメント調整を行って完成です。文章にすると簡単ですが1日かかることもあります。
ここではドライバーが動きを正確に感じ取り適切な処置をすることです。
サスペンションセッティングのポイントは「すべての動きは荷重の移動量と移動スピードに有り」です。この荷重移動から各部品の動きを連想しシミュレーションすると答えを見出し易くなります。
納得いくまでテスト、セッティングを行い競技に臨みます。
ラリーの本気モードで走らなかったら判らなかったことが多く見つかります。
これが、私が全日本ラリーに出場し続ける理由です。
サーキット、ジムカーナ、峠道。お客様の走るステージと同じような所をラリーは走ります。
お客様と同じインプレッサやランサーを使用します。
私達は多くの競技会やテストで貴重なノウハウやデータを蓄積しています。車両やドライビングの悩みを御相談ください。良いアドバイスと充実している設備を使い納得のチューニングが出来ると思います。


今回の壺は、

−その1−
ショックアブソーバーとタイヤの高性能化。特に減衰力の立ち上がりの良さによりボディがより高い剛性を必要としていることです。
モノチューブ(倒立)のショックアブソーバーを取り付ける場合はより強いボディ補強パーツを選択し、しっかり取り付けることです。
タイヤから入ってきた力が行き着く先はボディです。ボディがしっかりしていなかったら高価なタイヤも車高調キットも効果が出てきませんよ!!

−その2−
純正タービンやポン付けタービンには42φのエキゾーストマニホールドがベスト。
でも注意が必要。今回は2種類の42φのエキゾーストマニホールドをテストして驚きました。同じような形状をしているマニホールドのパワー、トルクチェックのデータを見ると一方は純正マニホールドより悪い結果が出ているのです。ポイントはタービンフランジ入口の角度にありました。ご注意ください。
このテストデータを元に生まれたのがスーパーフローEX−MANIです。
只今小変更中です。より性能UPしてリリースします。




| Home | 新製品 | 情報コーナー | 商品ラインアップ | お問い合せ先 | About Us |

Copyright (C) 2000-2002 Car Station Marche All Rights Reserved.